FC2ブログ

ラブアンドビート

GSや60'sガレージの話題を中心に日々の出来事を書き綴っていきます。

--
-- /
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
11 /
12

哀愁ガレージに恋狂い!!

って、またかい!って言われそうですが気にしない。
未だライブも観れずじまいで申し訳ないのですが東京で哀愁ガレージならぬ、さびしんぼ60'sガレージを奏でるSo whatsのソーリー君から哀愁ガレージコンピが到着しました!聴いた事ある曲から初めて聴く曲やら涙物です!この場を借りてお礼の書き込みです!波涙・・哀愁・・
実はメキシコの60'sガレージバンドJourneymenの疾走感溢れる強烈な哀愁ガレージナンバー「She's Sorry」は劣悪な音質のテープしか音源が無かったのでCDRには仕方無くそのまま収録しましたが、コンピに入れてくれていたので次回作成のCDRからは入れ替えします。

それにしても、ガレージパンクファンからも異端とも言える存在の哀愁ガレージ好きって岡山じゃウチとチャオさん位!?正にさびしんぼガレージ・・・いや、もっと聴いて欲しいぞもっともっと。曲的にはGSのマイナー調曲の正にそれです♪なんだかんだで何時間でも繰り返し聴けるのは哀愁ガレージなんだよな。
bittersweets.jpg

2007
11 /
07

えのっきー

とはいってもロッキン・エノッキーじゃありません。
最近味噌汁の具にえのき茸を入れてます。あの食感は好き嫌いあるみたいですがウチは好きです。具沢山万歳!味噌汁がおかず代わりです。

そうそう、懲りずに哀愁ガレージな曲を集めてたらあと3枚位出来そうって事でボチボチと作ってます。あー、もはや気違い。
物好きな人は連絡くれたら送りますよ。どの曲にも得体の知れない初期衝動とパワーを感じるのですが陽では無く陰の方に向いてるので暗いですよ。明るいのしか受け付けない人は聴かない方がいいですよ。

2007
11 /
05

哀しみロック

まだ数人の手にしか渡ってないですが密かに好評を博している!?私選曲の哀愁60'sガレージ集、CDR一枚に収まりきらず没にした曲が結構ありまして。でも、このままにしとくのも勿体無い!っちゅう訳で新たに作成したならば更に2枚も出来てしまいました。サイケ過ぎやしないか?この曲メジャーコードでしょ!って曲もありますが気にしない気にしない。これが我ながらエエんですよ。3枚をヘビーローテーションしまくり。
基本的には一枚目だけを配りますが反応がある人には更に2枚あげる事にします。あっ、トラッシュなのを期待する人には向いてないよ、基本的にKINKS「Waterloo Sunset」辺りの世界ですね。The Hangmen「The Girl Who Faded Away」はまんまジャガーズ「夜明けがあるさ」で笑ってしまいます、んでThe Mystic Eyesのジャックスっぷりにも苦笑です。

って訳で土曜は名古屋に行けずじまいでしたのでフライヤー配りも兼ねて福山に行って来ました。詩歩さんの店「薔薇と迷宮」に突発的に!あ~、やっぱ酒は飲みたいもんだな~、店にも貢献出来ないし。次回は飲む!一見入りにくいですが福山駅前で分かりやすい場所なので行ってみてね~。日曜はママ1に京のマイヤーズの後身バンド?シクラメンズとちぐはぐ兄弟を観に行ったぞ。ほのぼのテンプルフォークロック!

2007
10 /
05

んぱぱんぱぱんぱぱ

という訳でガレージモードに入ってます。
近日中には告知も出来ますが11月17日土曜日に岡山ペパーランドでガレージ寄りのイベントをしますよ!!
かっこいいバンドを呼びますので来て下さいね。

という訳で、ネオガレージに続いて元祖ガレージパンクである60'sガレージの曲を幾つか。これは、ほんの触りですよ。
R&B調の曲も好きですが、一番好きなのはGSを彷彿させるマイナービートガレージ曲!3曲挙げてみよう~っと。

Buck Rogers Movement "Baby Come On"
日本ロック紀GS編のGS者から見たUS 60'sガレージ/サイケBest15コーナーにおいても筆頭で紹介されている、泣く子も黙るUS60's哀愁ビートガレージ曲の最高傑作!黒沢さんの文章の受け売りにはなりますが、ジェット・ブラザーズ「君はどこへ」風のイントロから始まるこの曲はルイズルイス加部を思わせるうねりまくるベースラインに終始鳴り響くオルガンが絡みつく、そして激しいドラム。ファズこそ無いがGS風味なギターとシャウトするボーカル。そして、これがまたUS60'sガレージ屈指の高速曲で、有る意味GS以上にGS的な文句の付け所が無い曲ですね。曲調はゴールデン・カップスの「銀色のグラス」「陽はまた昇る」辺りを彷彿させます。この手の曲が好きなのは日本人だけかと思いきや、各種のガレージコンピに収録されている所を見ると万国共通なんだなと。60'sガレージ好きは勿論、GS好きも必聴ですよ!!あ~~~あ~~あ~~~、というコーラスも泣けます。

Outsiders "She's coming on stronger"
これは上記のコーナーで2位にランクインしている曲。Buck From The Graveに収録されているので知名度も高いかな?これもまた、負けず劣らずGS調なビート曲。トーイズ「じょんがらゴーゴー」のようなイントロで始まりブルー・インパルス「夜明けに消えた恋」ソックリなギターリフが入りビップス「バラのエルザ」に似た曲調・・・と黒沢さんの文章そのまんまですがこれも哀愁ビートガレージの傑作です!

Unknown Law "This Wholes World Is Blind"
曲調自体はミドルテンポなフォークロックであるが、間奏で唐突に強烈なファズギターが入り驚かされます!これがまたGSチック。間奏だけファズギターというのもGSだけじゃないんだなと思い知らされるよ、これもいい~~。

2007
03 /
01

たたたたたたたたやーやーやーやー

二日分まとめて転載

その1:

スペインの60's系ガレージバンドWAU Y LOS ARRRGHS!!!がかっこ良過ぎて眠れません。ペルーのLOS SAICOSの悶絶ガレージ曲Demolicionのカバーもスペイン語圏の本場だけあって違和感無い。っていうかサイコな雰囲気も漂うなー、激しい!かなりパンク寄り。来日は・・・!?ってねーか。

Demolicion
http://www.youtube.com/watch?v=Vuvdzjt2B7U
Hey Monstruo Hey
http://www.youtube.com/watch?v=GD_U0EDOz64

関係ないですが髪これ以上伸びるな。

その2:

3/17ファンタスティコ用にCDR作ろうかな~。
選曲して人に配るのが好きなんです。
それにしても他のDJの人に比べて盤に金掛かって無いですよ~ホンマ。レコ屋で安レコ見つけて買うかリサイクル屋、古本屋でしか買わないしコレクターじゃないからアナログに拘る訳でも無いし。その分ジャンルを手広くという路線です。必然的にDJはアナログ&CD混在です。へっぽこDJですが頑張ります。

あー、毎日毎日ビデオを再生するが如く同じ繰り返し。
酒も全く飲んでないし久々に60'sなDJで酔いたいもんだ。
いや、酔っても変わりませんけどね!!??

深夜のBGM:
LULU/Surprise Surprise 
久々にルルを聴いて思わず彷彿させたのは50'sハイティーンズのトモちゃん。なるほどフェイベリットに挙げている訳だ。って事で祝復活!!
WAU Y LOS ARRGHS/Demolicion
やーやーやーやーややーやー!!!


 | HOME | 

プロフィール

ティック

Author:ティック
ラブ&ビートにようこそ!!

●今後のDJ予定●

10/9
岡山表町BLUE BLUES
ザ・シャロウズ ゲルピン岡山
adv/\2000 door/\2500 (+1ドリンクオーダー)
open18:00

:BAND
ザ・シャロウズ(東京)
モンド・ダイアモンド(高松)
ロス・ワカモノス(岡山)
THE YUMMYS(岡山)
CARBURETTORS(岡山) 

:DJ
tick

Twitter...

ティック Reload

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。