FC2ブログ

ラブアンドビート

GSや60'sガレージの話題を中心に日々の出来事を書き綴っていきます。

--
-- /
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005
09 /
25

サイケとドゥームの夜

大阪から始発のバスに乗りすぐに熟睡、目が覚めたのは岡山の総合グラウンド辺り。バスは楽ですねーホンマ。
で、部屋に戻りシャワーを浴び少し寝て目が覚めたらとっくに昼過ぎてた。ええ加減高松に行かなきゃやばいって訳でDJ用に選曲を軽くして宇野港へと向かいました。車は港に路駐したからフェリー往復700円!安い!そしてフェリーの中では勿論爆睡、起こされました。
高松に着いたらミネルバさんが迎えに来てくれ一旦FUZZに短時間寄ったものの時間が無い、とりあえずうどん食ってきました。腹いっぱい。
そうそう、ほりちさんにオックスTシャツ頂きました。これは誰が見てもオックスTシャツと答えるでしょう。
さて、会場のパンチホールは元キャバレーだったか忘れたけど琴電瓦町駅南すぐの地下にある非常にDJイベントに持って来いのホールです、雰囲気も良し。実際クラブイベントも盛んに行われてる模様。岡山にこんな場所あったらな~?まっ、DJの方はSE代わりという事で・・・
ライブは学生バンドの河童からスタート、殆ど覚えて無いけどノイズ系に近かったか?ん、忘れた。他は順番も忘れたんで順不同で行きます。
5cmASSHHOLESはドラムとVo&Gの女二人組み、ドラムは半分ぐらいスタンディングで叩いてておもろかった。bq69+hはガレージサイケロケンローというキャッチコピー通り、これもギャルバンでなかなか良かった。
黒天狗はベースがパンチョビラ時代のベースの人(デカい!!)がヘルプでやってたんですがやっぱ黒天狗かっこえ~。雄叫び合戦もあった。
岡山には居ないタイプのバンドだしラブ&ビートに来てやてもらいたいバンドです。どぶろく兄弟はVOとGの兄弟が香川出身という事で里帰りライブだったのかな?今回はオルガンのともちゃんがFUGSを空けれないという事でオルガン抜きの変則編成で不完全ではあったが引きずり込まれずにはいられないサイケっぷりは凄い。ドラムはユーモアの人が叩いてました。しっかし、ホンマ昭和45年辺りからタイムスリップしてきたかの様な兄弟です、大阪の一押しバンド!で、オルデマダもあまり覚えてないが岡山には居ないタイプのサイケバンドでした。トリで名古屋のバンド、ETERNAL ELYSIUMはブラックサバスの影響を如実に感じさせるドゥームバンドでした。どちらかといえばメタル寄りで速い曲では前列の人はヘッドバンキングしてたな~。
と重い重いイベントでしたが楽しめた夜でした。岡山でもサイケ系バンドは多く居るけどベルボなんか履いてないしこの濃さは高松ならでは。
打ち上げに少し顔を出し、帰りのフェリーでまたも爆睡し起こされました。。前日から連チャンという事で疲れた夜でした。

2005
09 /
24

大阪タイムボム15周年ガレージパンクナイト~その2~

ラッキー、下津ちゃんと合流後ライブ前に一杯飲むかという事になり地下1階にある鰻谷sunsuiの上にある白木屋へ。その階段を上る途中凄い勢いで駆け下りる集団と擦れ違った。それは1番手ナイロンのメンバーだった訳ですがウダウダと酒飲みながら話してたら結局このナイロンと2番手キングブラザーズは見逃しました。ナイロンは岡山に近々来るからリベンジしに行くよ!ぼちぼち行かんとゴーデビルズが始まるよって事でsunsuiに入ったならばフロアはおろかロビーも満員で身動き取れん!凄まじい人の入り、なんでも350人入ったらしい。フロアに入るとBAITONESが演奏しておりました。以前神戸で観て打ち上げにも参加させてもらったんですがダイさんは腰の低いむっちゃええ人なんですがステージではガレージ全開で気分高揚。そして次のGO→DEVILS、観るのは何年振りやらって感じですが記憶通りのエロ気味な衣装とガレージなサウンドで実にかっこ良かった。VOXのギターだったけ?そういえば私服では皆さんベルボ履いてましたね~。続くCONRODSのライブ時は外で休息していよいよメインの5678'S、持ち時間は何と55分ってワンマンに近いですよこれは。古い曲から最近の曲まで盛り上がりっ放しでキツくなり、途中で後方に下がったのは言うまでも無い。キルビルで知った人も多かったみたいね。やはりというべきかBOMB THE TWISTが最高潮でしたね。
続く隠れゲストのMAD3の時は外で飯食ったりしてました。ごろっぱちの後休まないときついよ~。って訳でその次のACID EATERもバンド名変わってからは初めて見た気がするけど相変わらずアルケミーレコードで見かける姿からは想像出来ないマゾさんのシャウトと訳分からないエフェクト、鳴り続くファズギターとオルガンに陶酔の凄まじいライブ。これぞ轟音ガレージサイケです。んでトリのゴーグルズ!実は外で休んでいる時に別イベントでのDJを終えたキングジョーさんとパルさんに遭遇したのでCDRを渡しました、ちゃっかり任務遂行!久々に観たゴーグルズもラモーンズのカバー中心のぐちゃぐちゃガレージロックンロールで最高でした。締めに相応しいかったなー。
その後DJタイムが続いた訳だが自分は爆睡してしまった・・
最後は下津ちゃん独り踊ってたみたいよ。
ライブ後始発バスに乗るべくバスターミナルに向かう途中、道頓堀川に掛かる橋を見たらば高いフェンスが設置されておりました。でも阪神優勝も一昨年程の盛り上がりは無い感じかな~?

2005
09 /
23

大阪タイムボム15周年ガレージパンクナイト~その1~

地元ではアクトロンにてアーガイル等を迎えたイベントがあり、神戸の尻祭も面白そうだったが久々にガレージにまみれるのも良いかと思い心斎橋にある鰻谷sunsuiというライブハウスに行って参りました。
朝起きてウダウダしてたらもう昼過ぎ、さて高速バスの予約取らなきゃと電話したが軒並み満席!さすが3連休。仕方無いJR在来線乗り継いで行こうかと岡山駅に向かったものの・・・気付けば新幹線ホームに立っていました。のぞみはえ~~、大阪まで45分だもんな。こりゃ通勤も楽勝でしょ確かに。さて、この日はゴーヤさんから梅田にてレコードフェスでバイトするから来てねという連絡を受け下見に行ってみたら偶然ゴーヤさんと対面、早速CDRを渡しました。そのレコフェスでGETしたブツはといとポピーズ「泣きどころ/ママ・ギター」一枚。800円だからお買い得でしょう。欲しいレコードは山程あったがライブの事を考えると買えない。買い物はライブ抜きの時にでないと無理ですね、やはり。因みにこの曲、「恋は気分」で有名なグループですがこの曲も負けず劣らず踊れるかっこよい曲!歌詞はとことんエロいけど(笑)
その後心斎橋をブラブラしようと思ったもののビレッジバンガードに長時間居過ぎた為、FUGSにもタイムボムにも寄れんなんだのが悔やみ。
買い物は改めて買い物だけの為に遠征するべき!!
その後ラッキー、下津ちゃんと合流。

その2へ続く

2005
09 /
19

FBW無事終了!!

今回は多彩なジャンルで県外バンドも多かった訳ですが予想以上の盛り上がりに終わったFBW、主催のシュウ君はじめスタッフの皆さんご苦労さまでした!岡山に今後も必要不可欠なイベントですね。
さて、自分も急遽DJで参加した訳ですが例によって事前の選曲を殆どせず適当にレコードケースにCD,レコードをぶち込んだ訳です。結局無駄に多くても探すのに苦労するだけだから選曲はしとこうと決意。
後悔してるのが「ラブ&ビート第3号」の作成枚数が少な過ぎて多くの人に渡せれずじまいに終わった事です。今後ライブ等には持参しますんで是非貰って下さいね、感想も是非!
ミネルバさんのモッドで踊れる選曲には毎度ながら恐れ入ったしケンケンの広島風DJもツボに入る曲ばかりで良かったなあ。

ではバンドの方、一発目は広島のOiパンクバンド「OUT ATTACK」。見た目じゃそうは見えないと思うでしょうがパンクも好きですよ、勿論Oiパンクも。初めて観るバンドでしたが岡山でもライブやって人気出て欲しいですね。今回はシュウ君も少しVoで参加!
二発目は誰もが好きだと言うポリトガルジャパン、ステージ横からという事で堪能しきれなかったですがラモーンズ大好きな俺のど真ん中サウンド、岡山に次来てくれるのはいつかな~?
三発目はレコ発ファイナルのチョコメイツ、今回は非常にお客さんも多かった訳ですが当然チョコメイツの時が一番の人手!身動き取れなんだよ~。そんな中いつも通りの軽快な演奏でしたがいつもより嬉しそうでしたね。レコ発おめでとう!
四発目は岡山ではすっかりお馴染み島根のチープスケーツブラスターズ、MCも凄いんですがそれだけじゃない演奏も一級ですよ。京都から来たスカ好きのゆみちゃんもお気に入りになったそうです!
五発目はオリオンズ、個人的には以前からメンバーとは仲の良い友達であり、関西でのライブも何度か観た事もあるのですが岡山での反応が気になってました。が、そんな不安は何処吹く風これがGSだと言わんばかりのステージを繰り広げてくれました!白タイツも光ってたよ。オリジナルと洋楽カバーが半々位という曲構成も当時のGSに近かったのでは無かろうか?天井が低くラッキーのアクションは普段より大人しめに成らざるを得なかったが竜さんのドラムぶっ壊しも含め初見の客に凄まじいインパクトを与えたに違いない。深夜1時過ぎにも関わらず残ってくれた多くの客に俺からも感謝!CDも凄い売れ行きでしたね♪
トリはサイクロンズ、ニューアルバム発売近しという事で新曲も何曲か演奏しておりGSという枠から脱却する気配も見せていたが根本にあるのはサイクロンズサウンド、これは変わらない!踊らずにはいられませんね。同じ京都のバンドでありながらオリオンズとの初対バンが岡山というのはある意味凄かったなあ。ニューアルバムは松石ゲルプロデュースという事ですが今から楽しみにしとりますよ。

2005
09 /
12

ラブ&ビート第3号完成!

FBWで配る用に作ったラブ&ビート第3号やっと完成です。
あとはジャケを印刷してコンビニでコピー、そしてCD-Rを焼きまくるのみです。20曲入りですがひとりGSを少なめにしようと思っていたら70年色が非常に強くなりました。ちょっといつもと違うかも?
ジャケットはシンプルですが選曲と共に是非感想を聞きたいもんです。

Ljaa.jpg

2005
09 /
06

颱風來到!!

今年は台風の外れ年だなとホッとしたのも束の間、我が岡山に向かって来てるじゃないですか。対策はこれといってしてませぬが。
そんな台風襲来前夜無性に聞きたくなった曲。
1.シルビーフォックス「風がさらった恋人」
俺に恋人なんぞおらん、失うもんなぞ無い!
2.ベンチャーズ「クルーエル・シー」
まさに残酷そのものな大荒れな海となるわ!
3.伊藤アイ子「そよ風にのって」
そよ風やこうで済む訳ねーゆんじゃ!

と突っ込んでしまうのでやめときます。
ではお気を付けあれ!!

2005
09 /
04

ペパーランド行ってきた

台風の予想進路がモロこちらに向かって来てるという事で雨が降ったり止んだり。スクーターは諦め車でペパーランドへ。
この日はKWACKERSのVO&Gが同じ職場で働いてるというのもあるがポートカスが見たかったのもあった。この日は10バンド出演の長丁場で全てを見た訳じゃないので観たバンドだけですが。まずは電光石火BABY、これって甲斐バンドの曲名からとったのでしょうね。カラオケに乗せて唄うVoの人はMCでもレズレズ言うてたが真のレズっぽいな~あれは、ギターはカラオケのフレーズをそのまんま弾いたような気が、VOXのアンプ使ってるのに意味ねー。まあこの辺分かった上で観るならおもろい二人組だった。かな!?赤犬ってあの赤犬?じゃねーよなあ、スカコア中心のバンドだった。ポートカスは初めて観たかな、いや違うか。一見ビールっ腹のおっさんにしか見えないがヒロシNaさんやっぱり凄い、ファズギターを弾かせたら右に出る者無し。そりゃそうだ、だててんりゅう、ラリーズに在籍してたホンマもんじゃからな。サイケといってもアイアンバタフライ辺りを彷彿させるガレージ風味が入ったサイケというのが良い、チープ!そして指の動きも若いもんには負けにゃーせん、ファズギター最高!SWEET CHICKENは路上弾き語り上がりの人がバンド編成はじめましたってバンドでしたがリズム隊は結構歳いってて上手かった。一見在り来たりの青春パンクだが、一歩抜き出てる感じはした。そしてトリのKWACKERS、一緒に仕事してる訳だがライブ観るのは初めて。髪下ろしてスーツ着たらかっこえ~普段見る姿と違いますがな、ロッカーっぽいわ。音はパブロック好きというのが良く分かるミッシェルの影響が色濃いガレージ。予想外に良かったが音でかくて耳鳴りが少ししたかな。FBWのフライヤー何枚か渡したけど来てくれるかな?
書き忘れたんで追加。DIPPERSってのは外道「香り」、ストゥージズ「I FEEL ALRIGHT」をカバーしてたが勢いで突き進むバンドは良いね。あと、福山から来てたハーレーのバイカーズ集団は迫力あった。20台位だったかな、地響きがゴルルルルと・・

2005
09 /
03

濡れた逢びき

mixiのコメントで書いたついでに見返してみました、昭和42年10月26日公開の松竹映画「濡れた逢びき」。タイトルだけ観ればB級ピンク映画かと思われるがそういう訳じゃありません。監督は「進め!ジャガーズ敵前上陸」も監督した事で有名な喜劇映画監督の前田陽一。
この映画、主演が当時スパイダースのドラムにしてスパイダクション社長であった田辺昭知、そして小悪魔という言葉が一番良く似合っていた加賀まり子。内容は郵便局の臨時職員である中口守吉(田辺)と瀬本かね子(加賀)との叶わぬ恋の物語であるのだが陰鬱な内容ではなく俳優が本業ではない田辺の独特な演技が実にいい味を出している。基本的に舞台は人里離れた山村であり、都会の恋愛物語とはまた違う因習に縛られた感もある恋愛模様である。さて、田辺が郵便配達車として乗り回してるのがラビット301!こうして見ると昔の農村風景とラビットは実に相性が良い。ラビットマニアも必見なのですがもう一つ見逃せないのがテンプターズの演奏シーン。彼らが「忘れ得ぬ君」でデビューしたのが昭和42年10月25日、僅か一日違いという事を考えるとスパイダクションの目玉として売り出し作戦の一つがこの映画出演だったのかも知れない。さて、演奏曲目はというと「星影の波止場」でも演奏されていた「テル・ミー・モア」のアップテンポバージョン。「テル・ミー・モア」は2ndLPではサイケ風味でスローな曲だが初期は「この胸に抱きしめて」の半完成版といった具合でガレージ感たっぷり。そして、まだデビュー前で全国的な人気GSとなる前の若々しいテンプターズの演奏シーンは必見!演奏シーンは出てこないがデビュー曲「忘れ得ぬ君」のレコードとは違うバージョンも流れるから油断ならない!前田陽一監督映画はこの後「進め!ジャガーズ敵前上陸」をはじめ、「七つの顔の女」ではリンガース「恋はふりむかない」の演奏シーンが見れたりとGSマニアにはあなどれません。

P.S
以前のmixi日記にもアクセス出来る様にしましたのでmixi経由の方はプロフィールのページよりご覧下さい。

2005
09 /
02

ラブ&ビートのブログとmixi日記を共通にしました。

極力毎日日記を書いて行こうと思うのだが如何せんネタ不足。
原因は裏日記に書いてしまう為、しかし最早あそこも裏とは呼べない状態だし表も裏も関係無くなってしまい日記を二つ書くのも無駄な気がしてきました。そこで、思い切ってラブ&ビートのブログとmixi日記を共通にしましたのでよろしくです。
因みに以前の日記もログ等は全て残るようです。

2005
09 /
01

国道9号といえば

山陰地方を横断する国道ですが服の9号といえば女物の服のサイズです。俺は9号サイズの柄シャツも物によっては丁度良いぴっちりさ加減の為、よく着ますが多少の余裕持って着るとなれば11号かなあ。女物は何といってもベルボとの相性が抜群!男物の古着ってデザインもいまいちだしダボ~っとしとるしベルボにゃ合わんです。そのベルボの方といえば29インチサイズでも履けると思いきや履けない事が多いので30インチが多いかな。腹が出てるからか!?

 | HOME | 

プロフィール

ティック

Author:ティック
ラブ&ビートにようこそ!!

●今後のDJ予定●

10/9
岡山表町BLUE BLUES
ザ・シャロウズ ゲルピン岡山
adv/\2000 door/\2500 (+1ドリンクオーダー)
open18:00

:BAND
ザ・シャロウズ(東京)
モンド・ダイアモンド(高松)
ロス・ワカモノス(岡山)
THE YUMMYS(岡山)
CARBURETTORS(岡山) 

:DJ
tick

Twitter...

ティック Reload

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。